Concert Information

堀米ゆず子&ジャン=マルク・ルイサダ デュオ・リサイタル

11年ぶり待望の日本公演が実現
円熟の今、ふたりが魅せる、薫りと彩りの音世界

ルイサダとの音楽
フランスのピアニスト、ジャン=マルク・ルイサダとは30年来の友達です。
彼の醸し出す音楽世界、また音色の変化、表情の多様さは、私を自由にしてくれます。
今時珍しいほどの古典主義を見せるかと思えば、
ヴァイオリンの小品などではびっくりするほどお洒落な伴奏をしてくれます。
ルイサダとの日本ツアーを、今から楽しみにしています。
  -2017年4月 ブリュッセルにて 堀米ゆず子

2017年10月26日(木)19:00開演(18:30開場)

紀尾井ホール

<プログラム>

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第35番 ト長調 K.379
シューベルト:ソナチネ 第2番 イ短調 D385, op.137-2
*****
シューマン/クライスラー:ロマンス イ長調 op.94-2
ラヴェル:ハバネラ形式の小品
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
<programme>

Mozart: Violin Sonata No.35 in G major, K.379
Schubert: Sonatina in A Minor, D385, op.137-2
*****
Schumann / kreisler: Romance in A Major, op.94-2
Ravel: Piece in the form of a Habanera
Franck: Violin Sonata in A Major
<出演>

堀米ゆず子(ヴァイオリン)
ジャン=マルク・ルイサダ(ピアノ)
<artists>

Yuzuko Horigome, violin
Jean-Marc Luisada, piano
<入場料>

S:6,000円 A:4,000円
<tickets>

S:6,000yen / A:4,000yen
<チケットお申込み> 5/12(金)発売開始

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
紀尾井ホールウェブチケット http://www.kioi-hall.or.jp
チケットぴあ http://t.pia.jp 0570-02-9999[Pコード:332-067]
イープラス http://eplus.jp
アイエムシーミュージック 03-6907-2535 http://management.imc-music.net
ヒラサ・オフィス 03-5429-2399
 [みずほ銀行 成城支店 (普)1036217 (株)ヒラサ・オフィス]

<お問合せ>

ヒラサ・オフィス 03-5429-2399

主催:ヒラサ・オフィス
協力:アイエムシーミュージック

*やむを得ず曲目・出演者が変更となる場合がございます。
*未就学児の入場はご遠慮ください。
<その他の公演>

Profile

堀米ゆず子(ヴァイオリン)
Yuzuko Horigome, violin

 1980年桐朋学園大学卒業。久保田良作、江藤俊哉の両氏に師事。同年エリーザベト王妃国際音楽コンクールで日本人初の優勝を飾る。以来、ベルリン・フィル、ロンドン響、シカゴ響、アバド、小澤、ラトルなど世界一流のオーケストラ、指揮者と共演。世界中の音楽祭にも数多く招かれ、ルドルフ・ゼルキン、アルゲリッチ、ルイサダ、クレーメル、マイスキー、今井信子、メネセス、ナイディックなどと共演。13年からイタリアのカメラータピチュナ、14年からはイギリスのケンブリッジに於いてマスタークラスを開催。日本でも、「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏」、「J.S.バッハ/ブラームスプロジェクト全6回」など多くのプロジェクトに取り組み、16年秋にはシェレンベルガー指揮/カメラータ・ザルツブルクとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全曲演奏会を東京で開催し、絶賛を浴びる。
 CDも多く、「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲集」に続き、最新版はオクタヴィア・レコードより「ブルッフ&ブラームス」(協奏曲)をリリース。また、多くの国際コンクールの審査員にも招かれており、16年より仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門審査員長に就任。15年には、春秋社より著書「ヴァイオリニストの領分」を刊行。現在、ブリュッセル王立音楽院教授、マーストリヒト音楽院教授。使用楽器は、ヨゼフ・グァルネリ・デル・ジェス(1741年製)。
 公式HP yuzuviolin.com
ジャン=マルク・ルイサダ(ピアノ)
Jean-Marc Luisada, piano

 6 歳でピアノを始める。1983年ミラノで開催されたディノ・チアーニ国際ピアノ・コンクールで第 2 位入賞。1985 年にはワルシャワでのショパン国際ピアノ・コンクールで第 5 位に入賞、併せて国際批評家賞を受賞。ドイツ・グラモフォンから発売されたショパン《ワルツ集》《マズルカ集》は、レコード芸術誌で吉田秀和「今月の1枚」に選ばれる。1998 年には RCA Red Seal / BMG フランスと独占契約を結び、同レーベルからは、ビゼーとフォーレ(年間ディスク大賞受賞)、ショパン、ドヴォルザーク、シューマン、モーツァルト、ハイドン、リスト、スクリャービン、ベートーヴェン等のアルバムがリリースされている。2008 年にリリースされた、ショパン《舟歌&幻想ポロネーズ~ショパン名演集》は、レコード芸術誌で吉田秀和「之を楽しむものに如かず」に選ばれ、特選盤となる。近年では、ショパン《マズルカ集》、シューベルト《ピアノ五重奏曲イ長調『ます』、ピアノ・ソナタ第4番他》ショパン《ワルツ集》をリリースしている。
 2005 年には、4 ヶ月にわたり NHK スーパーピアノレッスン、ショパン編(NHK 教育テレビ)に講師として出演。大好評によりDVD が BMG JAPAN、書籍が NHKから発売。2007 年にもNHK 教育テレビで再放送された。
 1989 年 6 月に「芸術文化シュヴァイエ勲章」を、1999年 11 月に「国家功労5等勲章」をフランス政府より授与される。2003 年 7 月 14 日には、「芸術文化オフィシエ勲章」を授与された。
ページトップへ