Concert Information

新イタリア合奏団&村治佳織

極上の「イタリア」音楽の旅~ギターで聴く新しい〈四季〉

イタリアの実力派奏者が集う最高峰のアンサンブル、新・イタリア合奏団。イタリア歌劇から映画音楽まで、多彩な曲目と息の合った自由なアンサンブルが魅力です。
今回は、彼らの代名詞とも言えるヴィヴァルディ『四季』を、人気・実力ともにNo.1のギタリスト、村治佳織によるギター独奏版でお届けします。最高の組み合わせによる新しい『四季』に、どうぞご期待ください。

2022年11月9日(水)19:00開演(18:15開場)

紀尾井ホール

<プログラム>

モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.138
ロッシーニ(ガンバロ編):歌劇「アルジェのイタリア女」序曲
モリコーネ:映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より「愛のテーマ」*
モリコーネ:映画『ミッション』より*
メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲 第10番 ロ短調
**********
ヴィヴァルディ(カンタルピ編):『四季』(ギター編曲版) *

*村治佳織 共演
<programme>

Mozart: Divertimento in F major, K.138
Rossini/Gambaro: L’Italiana in Algeri Overture 
Morricone: Tema D’amore from Nuovo Cinema Paradiso *
Morricone: from The Mission *
Mendelssohn: String Symphony No. 10 in B minor
***********
Vivaldi/Cantalupi: Le Quattro Stagioni (arranged for guitar) *

*with Kaori Muraji
<出演>

新イタリア合奏団
村治 佳織(ギター)
<artists>

I Solisti Filarmonici Italiani
Kaori Muraji, guitar
<入場料>

S席:6,000円 A席:5,000円
<tickets>

All seats reserved: S6,000yen / A5,000yen
<チケットお申込み> ●6/13(月) 一般発売 

ヒラサ・オフィス 03-5727-8830(原則/平日10:00~17:00)
イープラス eplus.jp
チケットぴあ t.pia.jp [Pコード:219-324]
<主催・お問合せ>

ヒラサ・オフィス 03-5727-8830

※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。
※都合により出演者、曲目等が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※感染症対策へのご協力をお願いいたします。

主催:ヒラサ・オフィス

Profile

新イタリア合奏団 
I Solisti Filarmonici Italiani

 完璧な技巧と高い音楽性で超一流と折り紙付きの名アンサンブル、イタリア合奏団が、21世紀への新たな飛躍を求めてメンバーを一新、「新イタリア合奏団」としてスタートした。メンバーは、イタリアの著名オーケストラのコンサートマスターやソロ首席奏者の経験者、国際コンクールの入賞者、有名なイタリアの室内楽グループ(ローマ合奏団、キジアーノ六重奏団)の元メンバーなどによって構成されている。世界各地の主要なコンサートホールにはほとんど招かれており、その輝かしく美しい演奏は、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなどの新聞雑誌で高く評価されている。シェレンベルガー(オーボエ)、グリミネッリ(フルート)、パユ(フルート)、ミカラ・ペトリ(リコーダー)、ロストロポーヴィチ(チェロ)、ルプー(ピアノ)、バトル(ソプラノ)などの一流演奏家とも共演している。
 2012年には全国9公演、2014年には全国10公演、2017年には全国8公演の日本ツアーを行い、極上のアンサンブルが聴衆の喝采を受けた。
 また、2012年、2014年の公演は、マイスター・ミュージックによってライブ録音された。
 その他、デンオン・レーベル、デッカ・レーベルなどから数多くのCDがリリースされている。


村治 佳織(ギター) 
Kaori Muraji, guitar

 幼少の頃より数々のコンクールで優勝を果たし、15歳でCDデビューを飾る。
 1996年には、イタリア国立放送交響楽団との共演がヨーロッパ全土に放送され、好評を得た。フランス留学から帰国後、積極的なソロ活動を展開。ビクターエンタテインメントからのCDリリースは「カヴァティーナ」など9タイトル及びDVD「コントラステス」をリリース。その後N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケストラとの共演も多数重ね、2003年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。移籍第1弾アルバム「トランスフォーメーション」は第19回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー<洋楽>を受賞。これまでにDECCAからはCD14枚、DVD2枚をリリース。
 また受賞歴も多く、第5回出光音楽賞、村松賞、第9回ホテルオークラ音楽賞を受賞。
 2012年4月より半年間NHK-Eテレ「テレビでフランス語」や、J-WAVE(FM)のナビゲーターを務めた。2014年10月には吉永小百合主演映画「ふしぎな岬の物語」でメインテーマ曲を演奏。2015年4月NHK-BSプレミアム「祈りと絆の島にて村治佳織 長崎・五島の教会を行く」に出演。2016年10月オリジナル・アルバム「ラプソディー・ジャパン」をリリース。2017年4月よりJ-WAVE「RINREI CLASSY LIVING」のナビゲーターを4年間担当。11月ベストドレッサー賞(学術・文化部門)を受賞。
 2018年3月テレビ朝日「徹子の部屋」に2回目の出演。9月にリリースしたアルバム「シネマ」は、第33回日本ゴールドディスク大賞インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。2019年1月アランフェス協奏曲を連続4公演成功させる。
 2月テレビ朝日「題名のない音楽会“ギターの秘密を知る休日”」に出演。6月には横浜開港記念式典での記念コンサートに出演し好評を博す。また、ブルガリ アウローラ アワード2019を受賞。12月には、サントリーホール・大ホールにてソロリサイタルを行い、満席の中成功をおさめた。2021年5月公開、吉永小百合主演映画「いのちの停車場」のエンディングテーマを作曲。
◆OFFICIAL HP http://www.officemuraji.com
ページトップへ