Concert Information

<OZONE60 in 山陰> 小曽根真 スペシャル・ワークショップ

《自分でみつける音楽》
世界的ジャズ・ピアニスト小曽根真の還暦記念 全国ツアープロジェクトOZONE60。
47都道府県の中でも島根県では、トークと演奏で綴るボーダレスな音楽の魅力を語る特別ワークショップを開催!
ステージと会場が一体となる楽しいひとときをお過ごしください。

2021年11月25日(木)18:30開演(18:00開場)

島根県民会館中ホール

<内容>

当日発表
<出演>

小曽根 真(ピアノ)
<入場料>

全席指定:1,000円
<チケットお申込み> ●9/25(土) 発売 

島根県民会館チケットコーナー 0852-22-5556
 (営業時間10:00~18:00/定休日 毎月第2・第4月曜日/その他臨時休館あり)
島根県民会館オンラインチケット「シマチケ」 https://piagettii.e-get.jp/shima_tk/pt/
主催・お問合せ:ヒラサ・オフィス 03-5727-8830


※文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
●当公演は感染症対策のため左右1席空けて販売しております。
●感染症対策のお願い:発熱、咳などの体調不良のある方はご来館をお控えください。マスク着用のうえご来場ください。手洗い、手指消毒にご協力ください。受付にて非接触型体温計での検温を行います。37.5℃以上の発熱のある方はご入場いただけません。

Profile

■小曽根 真(ピアノ) 
Makoto Ozone, piano

 1983年バークリー音楽大学ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。2003年グラミー賞ノミネート。
 チック・コリア、ゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界的なプレイヤーとの共演や、自身が率いるトリオやビッグ・バンドの活動など、ジャズの最前線で活躍を続けている。また、クラシックにも本格的に取り組み、NYフィル、サンフランシスコ響、シカゴ交響楽団など、 国内外のオーケストラとの演奏でも高い評価を得ている。2019年、小曽根真featuring No Name Horses 15周年記念アルバム、「Until We Vanish」をリリース。
 2020年はコロナ禍の緊急事態宣言期間中、53日間に及ぶ自宅からのライブ配信活動「Welcome to Our Livingroom」 に多くの視聴者を集め話題となった。2021年3月には還暦を迎え、リサイタルを中心とした「OZONE60」と題したプロジェクトを全国都道府県にて展開している。
 平成30年度紫綬褒章受章。

オフィシャルサイト makotoozone.com

ページトップへ