Instrumentalists

児玉 桃(ピアノ)
Momo Kodama, piano

Biography

 J.S.バッハからメシアンを含む現代作品まで、幅広いレパートリーと豊かな表現力で活躍を続ける国際派。幼少の頃よりヨーロッパで育ち、ドイツの学校で教育を受け、パリ国立高等音楽院に学ぶ。マレイ・ペライア、アンドラーシュ・シフ、タチアナ・ニコラエワに師事。1991年、ミュンヘン国際コンクールに最年少で最高位に輝く。
 その後、ヨーロッパ、北米、アジアで活動を展開し、ケント・ナガノ指揮ベルリン・フィル、小澤征爾指揮ボストン響、モントリオール響、フランス放送フィル、スイスロマンド管等の世界の一流オーケストラとの共演も多い。デュトワ指揮NHK交響楽団のアジアツアー、デュメイ指揮関西フィルヨーロッパツアーではソリストを務めた。
作曲家細川俊夫からの信頼も厚く、数多くの細川作品を手掛けている。その代表作としてルツェルン音楽祭、ウィグモアホール、東京オペラシティ文化財団の共同委嘱による「練習曲集」をルツェルン音楽祭にて世界初演、東京オペラシティにて日本初演。「ピアノ協奏曲 月夜の蓮 —モーツァルトへのオマージュ—」をハンブルクにて北ドイツ放送響と世界初演、日本初演は小澤征爾&水戸室内管と行い、CD化もされ大きな話題を呼んだ。
また、ヨルグ・ヴィットマン、ロドルフ・ブルノー=ブルミエなど多くの作曲家が作品を捧げ初演している。
CDはオクタビア・レコードより「ドビュッシー:impressions」、「ショパン・ピアノ作品集」、「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし」、「メシアン:鳥のカタログ」全集がリリースされており、ヨーロッパでも高い評価を得ている。また、ECMよりリリースされたCD「鐘の谷~ラヴェル、武満、メシアン:ピアノ作品集」は、ニューヨーク・タイムズ、サンフランシスコ・クロニクル、ル・モンド・ド・ラ・ムジーク、仏クラシカ・マガジン、テレラマ等で大絶賛を博し、2017年にはECM第2弾、「点と線・ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集」をリリース。さらに、ペンタトーンより、姉の児玉麻里との連弾によるチャイコフスキー3大バレエ抜粋をリリースしている。2021年3月、ECM第3弾となる「細川俊夫:月夜の蓮-モーツァルトへのオマージュ-、モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番」をリリース。
 
2009年中島健蔵音楽賞および芸術選奨文部科学大臣新人賞、令和4年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
現在、カールスルーエ音楽大学(ドイツ)教授。
パリ在住。



Schedule

2025年
■6月20日(金) 15:00 会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
■6月21日(土) 15:00 会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
■6月22日(日) 15:00 会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
兵庫芸術文化センター管弦楽団 第160回定期演奏会

Videos

Images

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Marco Borggreve

Download

(c)Marco Borggreve

Download

(c)Marco Borggreve

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Marco Borggreve

Download

Discography

ページトップへ