Instrumentalists

児玉 桃(ピアノ)
Momo Kodama, piano

Biography

 J.S.バッハからメシアンを含む現代作品まで、幅広いレパートリーと豊かな表現力で活躍を続ける国際派。幼少の頃よりヨーロッパで育ち、パリ国立高等音楽院に学ぶ。1991年、ミュンヘン国際コンクールに最年少で最高位に輝く。
 その後、ケント・ナガノ指揮ベルリン・フィル、小澤征爾指揮ボストン響、モントリオール響、ベルリン・ドイツ響、北ドイツ放送交響楽団との共演、デュトワ指揮NHK交響楽団とのアジアツアーのソリストを務めるなど着実に世界的なキャリアを築く。
 2008年は、メシアン生誕100年を記念したシリーズ公演(全5回)を行い高い評価を得た。2013年にはルツェルン音楽祭、ウィグモアホール、東京オペラシティ文化財団の共同委嘱による「細川俊夫:練習曲集」をルツェルン音楽祭にて世界初演、12月には東京オペラシティにて日本初演、翌年ロンドン・ウィグモアホールでも演奏。

 最近の活動としては、ウィーン・ムジークフェラインへのデビュー(メルクル指揮ウィーン・トーンキュンストラー管)、ノリントン指揮フランス放送フィル、フォスター指揮パリ室内管弦楽団との共演をはじめ、室内楽では、ベルリン・コンツェルトハウスでの室内楽など、ヨーロッパでも活躍の幅を広げている。
 CDはオクタビア・レコードより「ドビュッシー:impressions」、「ショパン・ピアノ作品集」「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし」がリリースされており、ヨーロッパでも高い評価を得ている。2010年1月にはメシアンの「鳥のカタログ」全集をリリース。ECMよりリリースされたCD「鐘の谷~ラヴェル、武満、メシアン:ピアノ作品集」は、ニューヨーク・タイムズ、サンフランシスコ・クロニクル、ル・モンド・ド・ラ・ムジーク、仏クラシカ・マガジン、テレラマ等で大絶賛を博し、2017年にはECM第2弾、「点と線・ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集」をリリース。さらに、ペンタトーンより、姉の児玉麻里との連弾によるチャイコフスキー3大バレエ抜粋をリリースしている。2021年3月、ECM第3弾となる「細川俊夫:月夜の蓮 - モーツァルトへのオマージュ-、モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番」をリリース、大きな話題を呼んだ。
 2009年中島健蔵音楽賞および芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。
 カールスルーエ音楽大学(ドイツ)教授。
 パリ在住。

Schedule

2024年
■3月2日(土)14:00 会場:すみだトリフォニーホール
新日本フィルハーモニー交響楽団 #654〈トリフォニーホール・シリーズ〉

■3月3日(日)14:00 会場:サントリーホール
新日本フィルハーモニー交響楽団 #654〈サントリーホール・シリーズ〉

■3月9日(土)18:30 会場:ガトーフェスタ ハラダ 本社1階 エスポワールホール
児玉桃 ピアノ・コンサート
 
■3月10日(日)19:00 会場:武蔵野市民文化会館 小ホール
児玉桃 ピアノ・リサイタル

Images

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Marco Borggreve

Download

(c)Marco Borggreve

Download

(c)Marco Borggreve

Download

(c)Lyodoh Kaneko

Download

(c)Marco Borggreve

Download

Discography

ページトップへ