Concert Information

荘村清志 スペシャル・プロジェクト Vol.4

「荘村清志 スペシャル・プロジェクト」いよいよ最終回。
ロドリーゴの名曲2曲に、アコーディオン奏者cobaに委嘱したギター協奏曲を一挙披露!

2021年4月15日(木)19:00開演(18:30開場)

サントリーホール

<プログラム>

モーツァルト:オペラ「皇帝ティートの慈悲」K.621 序曲
ロドリーゴ:ある貴紳のための幻想曲
**********
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
coba:ギター協奏曲(荘村清志委嘱作品)
<programme>

Mozart: "La Clemenza di Tito" K.621, Overture
Rodrigo: Fantasia para un gentilhombre 
***********
Rodrigo: Aranfes Concerto
coba: Guitar concerto (commissioned by Kiyoshi Shomura)
<出演>

荘村 清志(ギター)
大友 直人(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団
<artists>

Kiyoshi Shomura, guitar
Naoto Otomo, conductor
Tokyo Philharmonic Orchestra
<入場料>

S:8,000円 A:6,000円 学生:3,000円
<tickets>

S: 8,000yen / A: 6,000yen / students: 3,000yen
<チケットお申込み> ●12/1(火) 一般発売 

ヒラサ・オフィス 03-5727-8830
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017 
イープラス eplus.jp
チケットぴあ 0570-02-9999  t.pia.jp [Pコード:189-650]
<主催・お問合せ>

ヒラサ・オフィス 03-5727-8830

※やむを得ない事情により、出演者・曲目等に変更が生じる場合がございます。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

主催:ヒラサ・オフィス
協賛:株式会社エフ・アール・シー・ジャパン

Profile

荘村 清志(ギター) 
Kiyoshi Shomura, guitar

 9歳よりギターを始める。1963年に巨匠イエペスに認められ、翌年スペインで師事。69年の日本デビューで、「テクニック、音楽性ともに第一人者」との高い評価を得た。71年には北米で28に及ぶ公演を行い、国際的評価を不動のものにした。74年にはNHK教育テレビ「ギターを弾こう」に講師として出演し、一躍全国にその名と実力が知られることになった。
 2007年NHK教育テレビ「趣味悠々」のギター講師として再登場し、改めて日本ギター界の第一人者としての存在を強く印象づけた。2008年ビルバオ交響楽団の定期演奏会に出演。同団とは《アランフェス協奏曲》を録音、09年にCDをリリース、日本ツアーのソリストとして同行し好評を博した。2015年10月にはイ・ムジチ合奏団と共演、レコーディングを行った。
 2017年からギターの様々な可能性を追求する「荘村清志スペシャル・プロジェクト」(全4回)に取り組む。さだまさしとの共演、またcoba、古澤巌、錦織健と共演したガラ・コンサートではジャンルの垣根を越えたコラボレーションが話題となった。
 2019年はデビュー50周年に当たり、5月に初のバッハ・アルバム「シャコンヌ」をリリース、全国各地でリサイタルを行った。同年10月には朝日新聞の連載「人生の贈りもの」(全15回)に取り上げられ話題を呼んだ。2020年10月、ギター作品の2大作曲家タレガとバリオスの代表作を収録した最新アルバム「ノスタルジー ~郷愁のショーロ」をリリース。
 現在、東京音楽大学客員教授。
大友直人(指揮)
Naoto Otomo, conductor

 桐朋学園在学中に22才でNHK交響楽団を指揮してデビュー以来、日本の音楽界をリードし続けている日本を代表する指揮者のひとりである。日本フィル正指揮者、大阪フィル専属指揮者、東京交響楽団常任指揮者、京都市交響楽団常任指揮者、群馬交響楽団音楽監督、琉球交響楽団音楽監督を歴任。2020年1月、高崎芸術劇場の芸術監督に就任。
 また東京文化会館の初代音楽監督として東京音楽コンクールの基盤を築いたほか、数々の自主制作の企画を成功に導いた。海外オーケストラからも度々客演として招かれ、ハワイ響には旧ホノルル響時代から20年以上にわたり定期的に招かれている。
 小澤征爾、森正、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘らに学ぶ。NHK交響楽団指揮研究員時代にはサヴァリッシュ、ヴァント、ライトナー、ブロムシュテット、シュタインらに学び、タングルウッドミュージックセンターではバーンスタイン、プレヴィン、マルケヴィチらにも指導を受けた。
東京フィルハーモニー交響楽団
Tokyo Philharmonic Orchestra

 1911年創立。日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏など、高水準の演奏活動を展開。また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。
 1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。
ページトップへ